専業主婦カードローン審査は普通と違う?

キャッシングベスト3

専業主婦カードローン審査は何が重要だとみられる?

専業主婦カードローンも最近は増えてきて、利用者を集めたいという業者も多いと聞いていますが、専業主婦カードローンというのは普通の会社員が借り入れをするときなどに比べ、どのような違いがあるものなのでしょうか。例えば重視される部分が違っていたりするのでしょうか。

正社員や働いている人と同じように専業主婦カードローン審査なら問題はないのですが、詳しく教えてもらえないですか?

専業主婦カードローン審査は夫の収入と個人の信用がポイント

いくつかのポイントがあり、重要だと思われるものは専業主婦カードローン審査にはありますが一般的な正社員のものとは違うと思ってもらっていいでしょう。まず専業主婦カードローンの最大のポイントは夫がどの程度の収入で、どういう職業なのかという点です。そしてもう一つが専業主婦本人がちゃんと信用を持っているかどうかです。この2つが最も重要と考えて間違いないでしょう。

まず専業主婦カードローン審査では必ず夫は働いているか、どういうところで働いていてどの程度の収入なのかを聞かれます。これがなければ生活が出来ないわけですから当然のことです。この時、専業主婦カードローンを利用出来ないのは夫も働いていないとか夫の収入があまりにも少ないような場合です。同意書が必要ないっても収入が少なすぎると貸出は難しいでしょう。

もう一つの個人の信用ですが、この個人の信用というのはいわゆるクレジットカードをちゃんと返済しているかとか過去に自己破産をしていないかとか、ブラックではないかなどが見られています。たとえ夫に十分な収入があったとしても専業主婦本人の信用に問題があるとみられると、貸出を拒否されることになるでしょう。

この2つがもっとも重要だと思っていいでしょう。銀行系カードローンでは必ずこれらが見られますし、消費者金融でも同意書を取ってくることができればこの2つが見られると思って構いません。専業主婦カードローン審査は何を判断しているのかがわかりにくいものですけれども、もし借り入れをするのであれば普通とは違うところが見られていると思っていいでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンを使う前にはQ&Aをチェック!

専業主婦カードローン審査に通ることはあるの?

どうしても大きなお金が必要になることは誰にでもあることです。子供の養育費、ショッピング、家電の買い替えなど理由はいろいろです。そのような時、たくわえがあれば問題ありませんが、誰でもたくわえがあるかと言ったらそうではありません。

このようなお金の問題で困ったとき、大変便利なのがカードローンです。ローンを利用すれば突然大きな出費になることもなく、生活への負担を軽減できますが、そこで避けて通れないのが審査です。一般的にカードローンを利用できるのは、きちんとした職に就き、安定した収入のある人というイメージがあるでしょう。(こちらもご参考に→カードローンは年収いくらから申込み可能?)現に、2010年に定められた総量規制という法律により専業主婦が消費者金融から融資を受けることができなくなりました。総量規制というのは、年収の3分の1を超えた借り入れをできなくする制度です。

では専業主婦はカードローンを利用できないのでしょうか?しかし、そうではありません、銀行系のカードローンは総量規制の対象外になりますので、専業主婦でも借り入れが可能ということになります。そこで気になるのが専業主婦カードローン審査の基準です。まず第一に大切なのは、やはり信用情報でしょう。過去に金融機関から借金をしていたか、そのときに返済がおくれていなかったか、自己破産などの金融トラブルはなかったか、などの情報です。

このような情報は必ず信用情報機関に残っていますので、借入の申し込みをする前に自分の信用情報の確認をすることをおすすめします。利用する金融機関によって審査の基準も違い、配偶者の同意を得られれば融資可能なところもあれば、家族には内緒で借入ができるところもあります。ですので、カードローンの利用を考えている人は、借入の申し込みをする前に、借入の条件などを比較してみることが大事です。

カードローンを利用すれば、あなたの生活が充実すること間違いなしです。お金の問題で悩んでいる人は一度利用してみてはいかがでしょうか?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.