主婦カードローン在確はどういうもの?

キャッシングベスト3

主婦カードローン在確というのはどういうふうに行われるの?

普通、働いている人であれば分かりやすいのですが働いていない人が消費者金融や銀行系カードローンを使うときというのは、どういうふうに在確が行われるものなのでしょうか。例えば主婦カードローン在確というのは行われるのでしょうか。

会社にいるわけでもないですから、家に本人確認の電話が来るくらいのものではないかと思っていますが、もしや夫の働いている職場にまで連絡をするということはないですよね?

主婦カードローン在確は基本的に本人確認で行われる

主婦カードローン在確という言葉はかなり特殊ですけれども、おそらく一般的にサラリーマンであれば働いている職場に在籍確認をすることを指していると思います。しかし主婦の場合は働いているところがないからどういうふうにするのか?ということでしょうが、これは本人確認の電話と同時に行われると思って間違いないでしょう。

本人確認の電話は他の在確でも行われます。本人の携帯電話などでちゃんと申し込みをしたかどうかの確認が行われ、かつ記入した会社で本当に働いているのかどうかが在確によって行われます。主婦カードローン在確はこれらが一つになっていると考えていいでしょう。
(⇒女性にオススメのカードローンがあるキャッシング会社はどこ?

もしここで夫の働いている会社などに電話をしてしまえば、内緒で借りようとしていた人などもいますから、ばれてしまってもめる原因になります。そうならないためにも、絶対に会社に電話を入れたりすることはありません。その代わり働いているかどうかがわかりませんから、会社への在籍確認が出来ないので、借り入れできる上限金額などには厳しい設定が行われています。

おおよそ主婦カードローン在確になった場合は10万円程度から30万円程度までしか最大でも貸出の枠をもらえないと思っていいでしょう。枠をもっと大きくしたいのであれば、それなりの仕事をしなければならないということです。働いていない主婦はそこまで返済を確実にしてくれるという信用が高くないということになります。

主婦カードローン在確の時には夫の会社に連絡をしたりすることはないですから安心して借りてください。ただし、借入金額が少ないことは覚悟しなければなりません。

【参考ページはこちら】
初心者には安心・安全のカードローン情報を

審査で行われる主婦カードローン在確の対象と内容

個人向けカードローンの申し込み条件の多くは、20歳以上で安定した収入を持つ人としています。安定した収入を持つ人の中には、アルバイトやパートタイムも含まれるのが一般的です。これらで収入を得ている主婦や学生も利用する事が可能です。申し込み時に必要となるのは、運転免許証やパスポート等の身分証明書だけです。

収入を本人が得ていない専業主婦の場合は、事情は違ってきます。専業主婦自体の申し込みを認めていない場合の他に、配偶者の同意の上で利用できるというケース、一般の申込者よりも金額を制限した上で専業主婦単独での申し込みが可能なケース等があります。
(⇒専業主婦はカードローン無理?不安はここで解消!

配偶者の同意の上で申し込み可能という場合は、配偶者の同意書の提出が求められます。商品を利用するのは専業主婦であっても返済は配偶者の収入により行われるので、審査は配偶者の返済能力が対象となります。希望額や配偶者の他社借入残高によっては、給与明細書や源泉徴収票等の年収を証明する書類の提出も必要となります。

カードローン審査では、申し込み内容に誤りがないのかを確かめるために申し込み者の自宅と勤務先に電話をかける在籍確認が行われます。申し込み者のプライバシーに配慮して行われており、業者名ではなく担当者の個人名でかけられます。自宅と勤務先に在籍している事が確かめられれば良いだけなので、本人が電話にでる必要はありません。

配偶者の同意の上でカードローンに申し込みを行う専業主婦に対しての在籍確認は、専業主婦の自宅だけではなく配偶者の勤務先に対しても行われるという事になります。これに対して、専業主婦単独での申し込みが可能なケースでは、配偶者の勤務先に在籍確認が行われる事はありません。つまり、配偶者に知られる事なく利用できるという事です。

主婦カードローン在確は、商品や審査の対象が誰であるかによって違ってきます。現在は多くの業者でサービス内容について、事前に説明を受ける事が可能となっています。疑問や不安を解消してから申し込む事が可能です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.