主婦OKのカードローンは借入が簡単か?

キャッシングベスト3

主婦OKと書いていないカードローンは借り入れが難しい?

少し銀行系カードローンなどを調べていて思ったのですが、銀行系カードローンの中には主婦OKとわざわざ書いているものも結構あるんだなということを知りました。これはそれなりに使えるなと思うのですが、逆に銀行系カードローンで書かれていないものもあります。

主婦OKと書いてあるようなものと書いていないものでは、審査の厳しさが違うというようなことがあるのでしょうか。当然主婦OKと書かれている物のほうが借り入れしやすいということで間違いないですか?

主婦OKと書かれているカードローンは審査が緩い傾向にある

これはまず間違いないですけれども主婦OKと書かれているカードローンのほうが緩い審査である傾向だと言われています。もちろんそうではないという例外もありますが、カードローンの審査としてはかなり緩い方に入るとされています。

主婦OKと書かれているようなものは消費者金融にはなく銀行系カードローンがほとんどで、それも地方銀行などによく見られます。地方銀行を使っている人というのはどちらかと言うと若い人たちよりも年齢が高い人が多く未だに夫が働いて妻が家の中で主婦をしているというパターンが多いのです。ですので、主婦OKとしておいてたくさんの主婦に申し込みをしてもらおうとしているのです。

逆に地方銀行などにも主婦OKと書かれていない所は存在します。こういう業者はどうなのか?というと、そこまで変わらない場合もあります。銀行系カードローンとしての取り扱いになりますから、主婦OKと書かれていないとしても、申し込み自体はできます。そして変わらないくらい審査が緩いところもあるのです。これは口コミを見て判断するしかないでしょう。

地方銀行に多い主婦OKの銀行系カードローンですが、主婦以外の人にも使いやすいといえるでしょう。例えばパート・アルバイトのような非正規社員の人たちはなかなか消費者金融でも借入が厳しい時があるでしょう。そんな時にはこの主婦OKの地方銀行にあるカードローンに申し込みをしてみてください。意外にすぐ通る可能性も高いでしょうから。

収入が無い主婦OKのカードローンは在るのでしょうか

カードローンの申込み条件の一つに、安定した収入というものがあります。安定した収入と言うのは、収入を常に持ってることであり、職業の種類や雇用形態などは問わず、常に月々の収入を得ている事を意味しています。

アルバイトやパートの人でも利用可能なローンを取り扱っている銀行や消費者金融は多く有りますし、学生でもアルバイトなどをしている事で申込みが出来る銀行や消費者金融も数多く在ります。(こちらもご参考に→アルバイトをしている学生ならカードローンで借りられる?)収入が有ることで、満20歳以上などの条件を満たしていれば学生でもローンを組めるようにしてあるのです。

しかし、自らの収入を持たない専業主婦の人の場合は消費者金融の中で利用できる所は有りません。と言うのも、消費者金融は貸金業者に分類される金融業者で、貸金業者には総量規制が有るからなのです。

総量規制は貸金業法が改正された時に、新しく追加された制度で、年収の3分の1を超える貸付が出来ないものです。年収がゼロと言うのは、借りる事が出来る金額自体もゼロになりますので、専業主婦は総量規制が適用される金融業者の中では利用出来ない事になるのです。

尚、貸金業法に準ずるものとしては、消費者金融、クレジットカードに追加されるキャッシング枠が該当となります。これらは専業主婦の人は申込みを行っても審査に通る事は出来ません。

専業主婦OKと言う言葉をインターネットの中で見かける事が有ります。家計をやりくりする中で、急な出費などで家計が圧迫してしまう事も有ります。貯金をしていても、その貯金が定期などでは直ぐにお金を下せないケースも在りますので、専業主婦もキャッシングを利用したいと考える人も多いのです。

専業主婦OKのカードローンと言うのは、総量規制が適用されない銀行のローンの事を意味しています。銀行のカードローンの場合は、配偶者の年収が有り、それが安定している事で上限50万円までと言った形でローンの申し込みが可能になっているのです。また、金融機関によっては専業主婦専用のカードローンを用意している所も有ります。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも融資してくれるカードローンは?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【カードローン審査が甘い】経験者が選ぶお薦めランキング All Rights Reserved.